投資を成功させる秘訣!【正解は、分散投資と長期運用】

運用

 

投資を成功させる秘訣ってあるの?

投資について、初めはわからないことばかりだと思います。
どのくらいの資金で、どのくらいの期間、どのように投資すれば良いのか。

今回は、これらの秘訣について、簡単ではありますがご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

余裕資金で分散投資と長期運用を行うことが秘訣

 

まず投資は、減っても困らない余裕資金で行うことが鉄則です。

 

生活費や予備資金、子どもの進学資金や住宅購入資金などを投資にまわすと、もし損失が出た場合、ライフプランが大きく狂ってしまいます。

 

また、投資はリスクが高いほど大きな利益が望める反面、損失が出たときのダメージも大きくなります。
そこで、リスクを抑えることが成功の秘訣。

 

リスクを抑えるためには、分散投資と長期運用が効果を発揮します。

 

分散投資と長期運用を行うことで、大きな損失を出すことなく、着実な運用成果が期待できます。

 

 

 

スポンサーリンク

投資は余裕資金で行おう

投資は生活を豊かにすることが目的なのに、投資のために生活が苦しくなっては本末転倒。
あくまで投資は、生活に直接影響を与えない余裕資金で行うようにしましょう。

 

資金の種類

 

余裕資金の目安のつけ方

余裕資金 = 年収+貯蓄総額 ー 1年間の生活資金+備えの資金+ライフイベント用資金

 

 

 

スポンサーリンク

分散投資で大きな損失を避けられる

「卵を1つのカゴに盛るな」という投資の格言があります。
卵を複数のカゴに分けて入れておけば、1つのカゴを落としても全部の卵が割れることはありません。
投資も同じで分散して投資すれば、全部の資産が損失を被ることはありません。

 

集中投資・分散投資

 

分散投資には、資産(銘柄)分散のほかにも、地域(通貨)分散、時間分散という方法があります。
これらの分散方法を組み合わせることで、さらに効果が高まりますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

長期運用なら安定した運用効果が得られる

投資商品は値動きによって運用成果(収益)が左右されますが、運用期間が長ければ長いほど、運用成果の差が小さくなって安定し、元本割れの可能性も減る傾向があります。

 

[資産・地域を分散して積立投資を行った場合の運用成果の実績]

※1985年以降の各年に、毎月同額ずつ国内外の株式・債券の買付けを行ったものです。各年の買付け後、保有期間が経過した時点での時価をもとに運用結果及び年率を算出。これは過去の実績をもとにした算出結果であり、将来の投資成果を予測・保証するものではありません。
出典:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」をもとに作成

短期運用は、12%以上という大きな運用成果を得られる場合がありますが、元本割れする場合もあります。
先が読めない投資方法といえます。

長期運用の場合、大きな運用成果は出ませんが、元本割れもなく、利回り2〜8%の安定的な運用成果になっています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました