株式売買の注文方法は2種類!少額でもできる株式投資法をご紹介!

マネー

株式はどうやって売買すればいいの?

株式売買を始めてみたくても、方法やポイントがわからなければ動き出しづらいですよね。

株式は証券取引所で取引されていますが、実際の売買は証券会社に口座を開設し、証券会社を通して注文を出します。
注文の際は、売買したい銘柄や株式の数量などを決めた上で、売買価格を指定する指値(さしね)注文か、指定しない成行(なりゆき)注文か、どちらかを選択します。

売買は100株単位で行われます。
例えば株価5000円の株式を買いたいなら、100株で50万円が必要になります。
一般に株式投資は高額ですが、少額で買える「株式ミニ投資」や「るいとう」などの商品を扱っている証券会社もあります。
なお、株式の場合、投資信託のような保有中の手数料はかかりませんが、売買の際に手数料がかかります。

そこで今回は、指値注文・成行注文の仕組みと、株式売買の指定ポイントについて解説し、少額でもできる株式投資法もご紹介します。

スポンサーリンク

指値注文、成行注文とは?

株式売買には2種類の注文方法があります。
それぞれの注文方法の仕組みを理解して選択しましょう。

指値注文

ぜひこの価格で売買したい!

指値注文

希望する売買価格を指定して注文します。
希望価格よりも不利な価格での取引は避けられますが、希望価格にはならなければ取引が成立しない場合もあります。

成行注文

いくらでもいいから、すぐ売買したい!

成行注文

売買価格を指定せず、株数だけ指定して注文します。
価格に対する条件がないので取引が成立しやすいですが、予想外の価格で取引が成立することもあります。

スポンサーリンク

株式売買の指定ポイント

株式の売買は証券会社の窓口のほか、電話やネットでも行えますが、次のポイントは必ず指定しなければなりません。

  1. 売買する株式の銘柄名、証券コード、取引市場を指定
  2. 買い注文か売り注文かを指定
  3. 証券口座の種類(一般口座、特定口座、NISA口座)を指定
  4. どれだけの株式を売買するか数量を指定
  5. 指値注文か成行注文かを指定(指値注文は価格も指定)
  6. いつまで取引成立を待てるのか注文機関を指定

主なネット証券会社の売買手数料

5万円まで10万円まで20万円まで30万円まで40万円まで50万円まで100万円まで
SBI証券55円99円115円275円275円275円535円
楽天証券55円99円115円275円275円275円535円
auカブコム証券99円99円198円275円275円275円代金 × 0.09%
+ 90円 + 消費税
GMOクリック証券96円96円107円265円265円265円497円
DMM株55円88円106円198円198円198円374円
※データは2020年2月時点
※SBI証券の手数料はスタンダードプラン、楽天証券の手数料は超割コース、auカブコム証券の手数料はインターネット通常手数料、GMOクリック証券の手数料は1約定ごとプラン、DMM株の手数料は1約定ごと
スポンサーリンク

少額でもできる株式投資法

100株という単元株を購入する資金がなくても、株式を小分けして購入できる方法もあります。
ただし、単元株の購入ではないので、手数料が割高で、ほとんどの場合は株主優待がありません。

株式ミニ投資

高い価格のついた株式でも単元株の10分の1の株数(10株)から購入することができます。

メリット
  • 配当金を受け取ることができる。
  • 制限はあるが、毎日売買のタイミングがある。
デメリット
  • 証券会社が指定した銘柄の範囲内でしか購入できない。
  • 指値注文ができない。

単元未満額

1株から購入できる株式として、S株、ワン株、プチ株、まめ株の名称で商品化されています。

メリット
  • 売買できる銘柄が豊富。
  • 制限はあるが、毎日売買のタイミングがある。
  • 配当金を受け取れる。
デメリット
  • 売買できる証券会社が限られている。
  • 指値注文ができない。

るいとう(株式累積投資)

1銘柄につき月々1万円以上など、定額の積立によって株式を購入できます。

メリット
  • 金額に応じて小数点単位で購入が可能。
  • 積立なので、ドルコスト平均法で投資できる。
デメリット
  • 証券会社が指定した銘柄の範囲内でしか購入できない。
  • 配当金はあるが、自動的に再投資されるので受け取りはできない。
  • 売買タイミングが月1回しかない。
ドルコスト平均法についてはこちらをチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました