「外貨」投資の主な種類と3つの特徴!円安時に売れば為替差益が狙える!

マネー

外貨投資って何?どうやるの?

「外貨」投資というと難しいイメージがありますが、投資商品を運用して利益を得るという方法自体は、通常の投資と同じです。
違いは、その運用資金が外貨である点です。

外貨で運用を行うので、投資商品の値動きだけでなく、売却時の為替レートによっても損益が生じる場合があります。
円安時の売却は利益が出やすく、円高時の売却は損失が出やすくなるのです。
外貨投資のためには、この為替の仕組みを理解しておくことが大切です。
また、外貨投資は一般的に高金利ですが、通貨の売買に為替手数料が必要です。

ここでは、主な外貨投資の種類と、外貨投資の3つの特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

主な外貨投資の種類

まずは、主な外貨投資の種類を見ていきましょう。

外貨預金

特徴

日本円を外貨に換えて預け入れます。
利息の金利はその通貨に応じた金利で、日本の預金より一般的に高金利。

利益
  • 利息収入
  • 為替差益

外貨建てMMF

特徴

外貨で運用される公社債投資信託。
格付の高い海外の短期債券が投資対象であるため、比較的リスクが低いです。

利益
  • 分配金収入
  • 売却益
  • 為替差益

外国債券

特徴

海外で発行された国債や社債。
利息や償還金に用いられる通貨によって、外貨建て債、円建て債、二重通貨建て債に分けられます。

利益
  • 利息収入
  • 売却益(または償還差益)
  • 為替差益

外国株式

特徴

海外の証券市場に上場されている株式。
取引は海外の証券市場で外貨で行われますが、日本の証券会社でも購入できます。

利益
  • 配当金収入
  • 売却益
  • 為替差益

FX(外国為替証拠金取引)

特徴

外貨の為替差や通貨の金利差を利用して、利益を狙う取引。
一定の証拠金を担保に、証拠金以上の金額の取引ができます。

利益
  • 為替差益

例えば日本の定期預金の金利は0.01〜0.02%といったところですが、外貨預金の金利は断然高いんです。
特に米ドルの定期預金なら1%以上の金利!

それに外貨投資は、リスクヘッジのための分散投資としても有効です。

スポンサーリンク

外貨投資の3つの特徴

次に、外貨投資の3つの特徴を見ていきます。

為替差益・為替差損が生じる

外貨投資では、為替レートの変動によって円安になれば為替差益(利益)が出て、円高になれば為替差損(損失)が出ます。

「1米ドル=100円」のときに「1000米ドルの商品」を購入

購入額は10万円

円安

「1米ドル=120円」のときに「1000米ドルの商品」を売却

受取額は12万円
2万円の利益!

円高

「1米ドル=80円」のときに「1000米ドルの商品」を売却

受取額は8万円
2万円の損失!

※為替手数料を含めずに計算した場合

金利が高い

我が国では日銀のマイナス金利政策の影響で、金利が非常に低く抑えられています(2021年現在)。
それと比較した場合、外貨は一般的に金利が高いことがメリットです。

住信SBIネット銀行の外貨定期預金と円定期預金の例

1ヶ月2ヶ月3ヶ月6ヶ月1年
米ドル1.30%1.30%1.60%1.65%1.80%
豪ドル0.50%0.50%0.55%0.60%0.70%
NZドル0.80%0.80%0.85%0.85%1.10%
カナダドル0.70%0.70%0.85%0.90%0.90%
円定期預金0.02%0.02%0.02%0.02%0.20%
※外貨定期預金の金利、円定期預金の金利は2020年2月時点のもの

為替手数料が必要

円と外貨を売買する際には、為替手数料がかかります。
為替手数料は通貨の種類や金融機関によって異なりますが、都市銀行の窓口の場合、1米ドルを売るとき1円、買うとき1円の為替手数料という設定が多いです。

1米ドル=100円、為替手数料1円の場合

  • TTS(対顧客電信売相場)
    円を外貨に換えるときの相場
  • TTB(対顧客電信買相場)
    外貨を円に換えるときの相場

コメント

タイトルとURLをコピーしました