安定した投資運用を望むなら「バランスファンド」分散投資でリスクを低減!

運用

バランスファンドは、国内外の株式や債券、不動産やコモディティなど幅広い資産の運用を、1本のファンドで行ってしまう優れものです。
そのため、一般的なファンドよりもさらに分散投資効果が大きく、リスクが低減できます。
自動的にリバランスもしてくれるので、初心者におすすめのファンドです。

けれどその分、信託報酬が高めです。
また、さまざまなバランスファンドがあるので、購入の際は、どんな投資対象にどれくらいの割合で投資するファンドなのか、資産配分をしっかり確認することが大切です。

スポンサーリンク

バランスファンドは自動的にリバランスをしてくれる

運用を続けるうちに、それぞれの資産の価値が変化していきます。
そこで、安定した運用を目指すには、定期的に資産配分を元の形に戻すリバランスが必要です。
バランスファンドは、そのリバランスを自動的に行ってくれることもメリットです。

時間の経過とともに株価が上昇、債券が値下がり
⬇︎

自動的にリバランス
⬇︎

リバランスによってリスクが低減され、その後も安定した運用ができます。

リバランスのためには、
値上がりした株式を売却する。
値下がりした債券を買い増しする。

バランスファンドなら、自分で資産配分のチェックや売買手続きをしなくてもOK!

 

スポンサーリンク

代表的なバランスファンドの例

運用会社によってバランスファンドの特徴も多種多様ですが、ここでは純資産の大きなバランスファンドの例をご紹介します。

運用会社信託報酬信託財産留保額決算日純資産総額
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン投信0.506%0.1%毎年12月10日2004.9億円(2019年12月30日現在)
eMAXIS Slim(8資産均等型)三菱UFJ国際投信0.154%なし毎年4月25日366.1億円(2019年10月31日現在)
eMAXIS(8資産均等型)三菱UFJ国際投信0.55%0.15%毎年1月26日320.5億円(2020年1月31日現在)
SBI資産設計オープン(資産成長型)三井住友トラスト・アセットマネジメント0.748%0.15%毎年11月10日318.3億円(2019年11月29日現在)
iFree8資産バランス大和アセットマネジメント0.242%なし毎年9月7日161億円(2019年9月30日現在)
つみたて8資産均等バランス三菱UFJ国際投信0.242%なし毎年6月25日161億円(2019年12月30日現在)
※掲載ファンドすべてについて、購買時手数料なし、信託期間は無期限、決算日が休日の場合は翌営業日が決算日

 

スポンサーリンク

資産配分の変更ができないことがデメリット

バランスファンドは、株式と債券など正反対の値動きをする資産を1本のファンドに組み込むことで、リスクを低減しています。
しかし、たとえば株価が上昇して「株式をもっと買いたい」と思っても、ファンドの資産配分は固定されているので、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。

株価が上昇期にある場合

株価例

個別のファンドを運用

個別のファンドを運用

株式型ファンドを買い増して債券型ファンドを売却することで、株式中心の資産配分に変更すれば、株価上昇によりトータルの資産額も大きく高まる!

バランスファンドを運用

バランスファンドを運用

株価の値上がり率が債券の値下がり率を上回れば、株式資産額が増えていく形にはなるが、資産配分を株式中心に変更できないことから、トータルの資産増加はあまり期待できない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました